読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投げっぱなし日記

イラストとか、自転車とか、まったりゆるゆる。

ちょっと日光、行ってくる!

フォトポタだから~。と言うことでfeijaoに誘われて、紅葉の日光へ。
上の方は紅葉にはちょっと遅いかもしれないけど、下ならきっといけるはず!


最近、適当な写真しか撮ってないなあ…と思うので、今回は「真面目に撮る」のが目標です。Nikon V2に限界を感じるこの頃なのですが、レンズがいっぱいあるので、それを使いこなして、もうちょっと最後の一絞りまで実力を引き出してあげたいのです。
今回はJPEG撮って出しで行くのだ!


▲ということで輪行で行ってきました。東武日光
feijao企画なので、てっきり自走だと思ったよ…直前まで素で思ってたよ…。

実はtakhino、初めての日光です。関西人なので、今の今まで全く縁がなかったのです。おかげで土地勘が全くない…。


▲神橋(しんきょう)。日光エリアの玄関口。
日本三大奇橋に挙げられることもあるらしいけど、橋脚が石造りの鳥居なぐらいで、何が珍しいのかなあ…。と思って調べてみたところ、どうやらこんなに深い峡谷に架かっているくせに「跳ね橋」らしい。…なるほど!


▲もう少し進むと坂が急になってきました。


▲で、出たー!「馬返」ー!三ツ峠にもありましたね!馬も返る馬返し!


▲つまりここから「いろは坂」が本気出す、という地点。


▲「い」


▲「ろ」


▲「は」
だんだん広角に…。あーはい、広角好きです、はい。


▲たぶん今回のベストショット。
写真的にも、紅葉の加減的にも…。



渋峠以来まともに乗っていなかったせいもあって、早くもバテ気味。レイヤリングが暑すぎたせいもあったのですが…。


明智平。こうして見ると整然と撮っているように見えるのですが、実は盛大に自転車ひっくり返してしまって焦りまくり。
このカメラも、晴天下ならかなり頑張れる。


▲帰りに通るのはこちらの第一いろは坂。いかにも急そうなのですが…。


▲中善寺金谷ホテルの館外レストラン「コーヒーハウス ユーコン」。




▲「百年カレー」いたきます!甘みと後味のスパイシーさが絶妙。


▲お腹も満足で再出発。


中禅寺湖畔は深秋の装い。

いや、ほら、日光って谷川岳の隣ですし。標高も似たり寄ったりなので、紅葉の時期は…まあ、そうなりますよね。
っていうか、今年一年で渋峠谷川岳に日光と、北関東のこの近辺に、ずいぶん足繁く通ったものです…。気がついたらこの3ヶ所、全部隣同士の山域だよ…。


▲龍頭の滝。ああ、確かにこれは周りが真っ赤に染まってる頃に来たら綺麗だったろうなあ…。


▲ここだけ切り取れば多少は…。ええ、まあ…。
「紅葉は1週間が勝負」。谷川岳と日光で思い知りました。


▲この荒野は…


▲これが世に名高き、戦場ヶ原!
実は荒野ではなく、湿原なんだそうです。それで木道があるのか~。


▲で、さらに上を目指します。金精峠(こんせいとうげ)へ。
あー、もうそろそろ脚が売り切れです。やっぱり3ヶ月乗ってないとこうなるよね。そもそも渋峠でもへたってたし、ある意味予定通りかもです。なのですがこの金精峠、つづら折りの出来が実に丁寧で、カーブの内側でもほとんど斜度が急にならないので、とても登りやすい坂でした。
ただしfeijaoはアウターのまま登ってしまってるのですが、それはちょっと意味が分からない…。


▲頂上~。あー!つかれたー!
ろんぐらいだぁす!ツーリングガイドでは「いろは坂に比べれば斜度はそれほどきつくなく…」とか書いてありますけど、嘘だー!こっちの方が斜度微妙に急ですよ!?長いし。


▲ほら疲れると写真が適当になる~。


▲金精峠トンネル入り口、標高1843m。実はここが国道標高第3位。トンネルの向こう側の方がちょっぴり標高が高くて1860m台。
第1位はこの夏に行った渋峠(2172m)、第2位はまだ見ぬ麦草峠(2127m)。2位と3位にずいぶんと開きがあるみたいです。


▲とは言え、やっぱり1800m。気圧はそれなりに低いらしく、お菓子の袋はこの通り。

帰りのダウンヒルは寒いので、ウィンドブレーカーを…と言いたいところですが、今回は試験的に雨具を持ってきました。登山用に買ったモンベルのストームクルーザーです。
思ったよりばたつかず、汗抜けもそれなり。さすがゴアテックス。


華厳の滝。おお~…。さすが名瀑…迫力あります。
で、ISO1000…カメラの方もそろそろ限界の時間帯じゃ…。

帰りは第一いろは坂。こっちの方が登りの第二いろは坂より古いだけあって、斜度が急です。最初の数回は渋峠の気分で下っていたのですが、それだとカーブがきつすぎて曲がりきれない。ちょっと気を抜くと速度オーバーで崖下へ…。特に今回はクリンチャーなのできついカーブだとグリップしきれない…。安全運転で下りました。

一通り、日光を満喫して返ってきました。
しばらくお休みしていたけど、また、ぼちぼち自転車乗っていこう。ずいぶん弱ってるので、ゆるゆるとやっていこうと思います。
あと、日光、これは別の機会に時間を掛けてあちこちをゆっくりと回ってみたいです。見るべき所がたくさんありすぎです。東照宮や戦場ヶ原目的で、歩きでも来てみたいな…それから、日光白根山にも。