読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投げっぱなし日記

イラストとか、自転車とか、まったりゆるゆる。

ちょっとしまなみ海道行ってくる!(後編)

前編/中編/後編

2人で走ると雨が降る

一夜明けた5月5日の今治市
昨日の時点では雨予報でしたが、窓を開けるとそこは…!
f:id:takhino:20140614215544p:plain


f:id:takhino:20140505052548j:plain
…やっぱり雨ですよねー。
昨日のうちに思う存分走っておいて正解でした。でもこの雨では、今日帰るのが大変…。しばらく待ったら雨が上がったりしてくれたりしないかなあ…。
とりあえずテレビの天気予報で情報収集します。

f:id:takhino:20140614221701p:plain
うわあああああああああ!!!!
とうきょうがじしんでたいへんだー!

今治→因島尾道

雨は全く止みそうにありません。
かくして、帰りは快速線で戻ることに決めたのでした。

快速線は今治と因島の土生(はぶ)港を結んでいます。

自転車は貨物として甲板に載せられます。周りの荷物はパンや生活物資。
芸予諸島にはしまなみ海道が通っていない離島がまだいくつかあるため、快速船は生活の足であり、物資運搬を担うライフラインでもあります。


さらば今治港



昨日自転車で走った島々がどんどん過ぎ去っていきます。


土生港に到着。ただいま因島
実はこの快速船、尾道までは行きません。2つ手前の因島が終点なのです。つまり後30kmほどは雨の中を自走するしかない!

今回はホイールがカーボンチューブラーだったのですが、やっぱり雨だとブレーキが少々効きづらい…。おまけに昨日の亀老山ヒルクライムのダメージが確実に体を蝕んでいる…。

とにかく進むしかないので、ゆるゆると走り抜けました。これまた因島ってそこそこアップダウンのある島なのがやっかいな所。
それにしてもこんな雨の中、自転車ですれ違う人がそこそこいる辺りが、さすがしまなみ海道
いや、きっと今治辺りに宿を取ったせいで、「走らざるを得ない人達」なのかなという気はしますが、やっぱりきちんとした装備がないと雨のしまなみは辛そうです。いや、きちんとした装備があっても雨はご勘弁願いたいところですが。



なんとか尾道までの30kmを事故なく走りきり、

駅前で尾道ラーメン食べて撤退することにしました。


またね尾道

1年ぶりにリベンジを果たしたしまなみ海道、まだまだこの界隈は魅力に満ちあふれているので、また来たいところです。
松山の道後温泉まで走っても楽しそうだし、しまなみ海道からとびしま海道へ渡っても楽しそう。さざなみ海道沿いにはウサギ島で名高い大久野島や、最近アニメの聖地として話題になった竹原がありますし、新しく完成したかきしま海道を行けば広島市にも行けます。


次に来た時は周辺にも足を伸ばしたいな…そんなことを考えながら東京まで新幹線にゆられるのでした。

数時間後…

新幹線に乗り、無事に東京に…

ぎゃー!!!!!
錆が!!!錆が!!!!!!!
このわずか数時間で錆が!!!!!

ちょっとオイル切れ気味なのもありましたが、それ以上にかなり摩耗してたりという所もあってか錆が出てしまいました。
拭いたらすぐに落ちるレベルではあったのですが、これをきっかけに後日DURA-ACEチェーンに交換しました。